2011.02.07

2011/01近況報告その3

気が向いたので、近況その3.

食事状況は、術後1年経過後から変わらず。
相変わらず一階の食事は30分以上かかる。
一階の食事量は、いわゆる定食は食べきれず。小鉢とかは残してしまう。
私の術式では、もうこれ以上は増えないのだろう。まあ、気にしない。

早期ダンピングの状況も変化無し。出るときは出るし
出ない時は気にならない程度。派手に出る時もまだ残ってる。

この体になってから10年近くになるが、
今でも1口当たり100回弱程度噛んでいる。
理由は、やはり回数が少ないと間置空腸の折り曲げ部分でつまるから。
これはもうどうしようもないね。
たまにblogとかで「50回噛めと指導を受けるが大変」とか書かれてるの見るが、「大変だろうなぁ~」と思いながら「まだまだ甘いぜ」とか思ってしまう自分…(^^;) 何の自慢にもならんのだが(^^;;;)

体力的には、かなり落ちてる感じがする。
風邪引きやすいし、すぐに疲れる。
身長170体重51前後だから、体力的な蓄積量があまり余裕が無いのは良いとしても、すぐにダウンしてしまうのは困り者。まあ、なんとかする。


てな感じで、なんだかんだでまだ生きてます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.01.30

2011/01近況その2(肝臓関係)

前回ちょっとだけ書いた、肝臓関係などをちょっと。

今(2011/01)時点の状況だと、多分肝硬変の非代償期だと思われる。

主治医からの明確な指摘はまだない(と言うか、今の主治医は
あまりはっきりとは言わない性格の人なので良く分からない)。
肝臓の生体検査は未。
また、胃切除時に脾臓全摘出しているので、脾臓に起因する
反応(血液検査、他)は使えない。

発生している症状(肝硬変の合併症?)は
(1)食道静脈瘤破裂に近い消化管出血
(2)血中のアンモニア上昇(肝性脳症? 羽ばたき振戦はまだ見られず)
(3)腹水、むくみ
辺り。
この辺から想像すると、多分肝硬変の非代償期に入ってしまっているだろうと
想像される。

2010/04に死に掛けたのは、上記(1)による大量出血。
ただその時は、食道静脈は太くはなっていたが瘤という程大きくはなく、
出血箇所は食道の下に間置(移植?)した空腸。
空腸の何処かが裂けたという感じではなく、傷口も何もない場所から
出血。そこをクリップで止めると別の場所から出血。その繰り返しで
手が付けられなかったらしい。
で、一時打つ手なしで危篤状態だったらしい(これが「死にかけた」の意味)のだが、
更に出血が進んで血圧が下がり、その結果出血が収まって
一命を取り留めたという流れだったらしい。
コイツに関しては、食道静脈に血液凝固剤だか硬化剤だかという奴を
内視鏡つかって注入して、結果、安定している。
(実は吐血から病室で気がつくまでの間に色々あったんだが、
 その辺も気が向いたらいつか書くかも)

(2)は、経口経由で蛋白質を摂取した場合、蛋白質を腸内で
分解する過程でアンモニアが発生するらしく、そのアンモニアが
腸から体内に吸収される。通常ではそのアンモニアは肝臓で
分解されて問題のないレベルまで血中アンモニア濃度が低下する
らしいのだが、肝硬変だとこの処理が十分に出来ず、
血中アンモニア濃度が脳細胞の活動に悪影響を及ぼすレベルに
なってしまい、頭がボーっとしたり、更に進むと昏睡状態に
なったりする奴らしい。
この辺は機会があればもう少し詳しく書いてみようかと思う(門脈圧亢進症 関連としてまとめて?)。
今の私の状態は、頭が少しボーっとしたり、食後
強烈な眠気(と言うか、寝てしまう)が出ている。
カフェインがぶ飲みでも全く効果がないので、多分普通の眠気では
無いと思う。
対策として、処方されているのはアミノ酸(リーバクト)と、
アンモニア発生を少し減らす薬(ラグノスゼリー)。
追加で食事時に蛋白質を取り過ぎないようにしている。

(3)は現在は利尿剤を毎日服用しているためか、改善されている。
ちなみに処方されている薬はトリテレンカプセルとラシックス。

現在(2011/01)での通院頻度は月一度前後程度。内科(肝胆膵専門外来)。


しっかし、胃癌が見つかったと思ったら一年後に両肺転移だし、
最近安定してきたなぁと思っていたら肝硬変の合併症で死に掛けるし、
運が良いのか悪いのか、どっちなのかさっぱり判らない…
まあ、多分普段の行いが悪いんだろうな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.23

2011/01/23近況報告

気が向いたので、激しく久しぶりに近況報告でも…(^^;)

まだ生きてます。
去年(2010)の4月に一度死にかけましたが、胃がんが原因ではないので、
この話は機会があれば別途…(^^;;;)

2001/04/13に胃切除だったので、もうすぐ丸10年。
なんだか、速い様な、とっても昔のような。

今でも通院中なんだけど、胃がんに関しては年一度の再発検査のみ。
経過は画像診断上での問題は発見されず、腫瘍マーカーも大きな変化なし。
継続して経過観察。
今は別件(肝臓)の問題が大きくて、そちらは月1前後で通院&投薬治療中。

という事で、胃がん(2001)・再発両肺転移(2002)の私でも、
一応まだ生きてます(^^)v
医学の進歩なのか、私の粘り強さなのか、たまたまなのか、
それは私には分かりませんが…(^^;)


上記の別件(肝臓)の事は、このサイトの主旨とはちょっと違うので
書くか書かないか迷ってる所ですが、気が向いたら書くかもしれません。
期待しないでください(^^;)
(ヒント:肝硬変)

とりあえず今回はこの辺で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.30

再発巣切除後7年半経過

物凄く久々なのだが、ふと気が向いたので近況報告など…(^^;)


・胃癌関係
特に変化なし。
相変わらず、年一度の再発検査。でもまだまだ油断できないけど。


・肝臓関係
2-3ヶ月に一度採血&診察、時々エコーとかの検査。
数ヶ月程度の範囲で波はあるが、全体的には良くもならず悪くもならずの傾向。


・その他体調関係
相変わらず体調に波がある。元気な時は元気なんだが、
一度体調が大幅に崩れると、その後の回復が大変。
やはり食事量が少ないからだろう。体調悪いと、食欲も無くなるし。

今年は8月に夏にエアコン設定失敗して夏風邪をこじらせてしまい、結構しんどくなった。丁度肝臓の関係で病院に行ったのだが、状況的には栄養失調&脱水気味&貧血と言われた。突然足のむくみが発生。その後に腹部も膨らみ始めた。
栄養面では特にアルブミンが不足しているとの事だったので、頑張ってたんぱく質を採るように心がける。
その後食欲は徐々に回復したのだが、回復途中の10月頃にインフルエンザにかかってしまう。「多分新型でしょう」との事だった。流行には敏感な私…(^^;;;)
インフルエンザの診察のついでに腹部の件も相談してみたら、エコーの機械がある病院だったので腹部エコーしてもらえた。結果は…「腹水」…(^^;;;) 「問題ない」とは言われたが、原発が胃の私としては、聞きたくなかった言葉ではある…(^^;;;)

現時点(11/E)では、食欲は回復。足のむくみが改善傾向にあるような気がする。腹部は変化なし。
食事状況としては、そこそこの量は食べる事が出来ている。体調的には、異様にだるくて眠い。この状況はここ1~2週続いている。なんとなく、体の細胞が復活しようとしている反応の様な気がする。とにかく、自然に任せる。自分の体の反応に任せる。


・その他いろいろ
HDDレコーダーが2台ほど連続して壊れてしまい、tosibaのRD-X8という奴を購入。
地デジ対応の奴なのだが、我が家では地デジが受信できないことが発覚(^^;;;)
まー、築30年以上のアパートだしな(^^;;;) 引っ越さなきゃダメなのかな?
ま、アナログ停波までにはまだもう少し時間があるから、もう少し後で考えよ~(^^;;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.13

胃切除手術後7年経過

後遺症をかかえながらも平凡に過ごしている今。

2001/04/13に最初の手術(胃切除)だったので、今日でまる7年が経過した。

我ながら、中々しぶとい(^^;)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007.07.23

070723再発病巣切除後5年経過検査クリア!

6月に受けた再発検査の結果を聞きに消火器外科へ行った。

2002/6/6肺転移病巣切除手術から、まる5年経過したタイミングの検査。
2001/4/13胃がん発覚・胃切除手術、2002/6/6胃がん再発・両肺転移病巣切除手術、その後は再再発とみられる兆候は無い状況。

肺は問題なし。肝臓も転移の兆候は無し。腫瘍マーカCEAも1.9と問題なし。


以上より、胃がん再再発の兆候は認められず。再発検査クリアとなった(^O^)v

以降、再発検査に関しては、年一回に変更との事。これからも1%程度の確率で長期経過後再発の可能性は残り続けるらしい。
来年の6~7月ごろに検査予約を入れろとの事。内科(肝臓)の方は継続しているので、そっちの血液検査のタイミング(3ヶ月毎)に腫瘍マーカも入れてもらえとの事。来年3月頃の内科診察時に、6月頃の胃がん再発検査も入れてもらえとの事。


ついでに、がん以外として肝臓についてもコメントをもらった。一言で言うと慢性肝炎に近い状況らしい(^^;;;)
これからは、こっちの方がメインになるでしょうとの事であった(^^;;;)
ふむ…


という事で、胃がん・再発両肺転移病巣治療後、再再発兆候無く5年を無事経過することが出来ました(^O^)v (胃切除の後遺症はまだ残り続けてますが…(^^;;;))
このblog開いた時(2003/12)はここまで来れるなんて思っても居なかったので、きっと一生分の運を使いまくったのかも知れません(^^;)
もーこれから先は、運に見放されるんだろうな、きっと…(^^;;;)


で、次回内科(慢性肝炎???)は10/17。胃がん再発検査は2008/6~7月頃の予定。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006.12.15

061214検査結果

先週受けた検査の結果。再発病巣切除が2002/6だったので、4年半経過。

胸部CT, 腹部CT, 腹部エコー, 胃透視(胃精密検査)の結果は問題なし。
血液検査は、例によって肝臓関係が異常値。他は問題なし。

と言う事で、肺転移病巣切除手術後4年半クリア(^^)

主治医からは、「最初の手術からは5年以上経過してるし、肺の手術からは来年で5年なので、これからは検査は半年毎にしましょう」との事。
5年以上経過していても再発する可能性はあるし(実例も知ってる)、特に私の場合は再発・転移患者なので油断は出来ない。

と言う事で、次回は来年4月に一回病院に行って検査予約を入れる。
一方、肝臓の方(内科)は1月末。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.04.13

060413 内科/初回手術から5年経過

また久々の更新(^^;
例によって、まだゲームやってます(^^;)。やり始めたのが去年の11月下旬だから、もう5ヶ月近くになるという事に、今気が付いた(^^;;;


一月に引き続き、内科(肝胆膵専門外来)の診察日。
結果は、前回γ:400台だったのが300台に改善。

と言う事で、特に治療も薬もなく、7月に再診。
外科の方は6月にCTだから、今月はもう通院なし、来月も無し。
通院が少ないのは良い事だ…(^^)


今日が2006/4/13という事は、初回の手術(胃切除)が2001/4/13だったから、まる5年が経過した事になる。
再発さえしていなければ、まる5年経過という事で「病院的には根治とみなす」という扱いになるタイミングなので嬉しい日になるはずなのだが、私は再発・転移してしまってる組なので、特に嬉しくも無い日である(^^;;;)
まあ、「この体になってから、もう5年も経ったのか~」程度かなぁ。その頃は、手術で後遺症が残り続ける体になるなんて、思っても居なかったし(^^;;;)


次回通院は6月にCTとその診察。それまでは普通に平和かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.16

060316 検査結果

3/10に受けたCTの結果を聞きに行った。

結論から先に書くと、経過観察。次回CTは3ヵ月後の6月。


昨年12月の検査で出た右肺の奴は、変化なし。引き続き経過観察。
今回、新たに右肺に肺炎らしい物が出ており、経過観察。私の主治医は、基本的には「肺炎らしい」という表現は使わないので、恐らく肺炎の可能性がかなり高いんだろうという気がする。

右肺に集中するのが気になり質問してみたら、「寝ている時の姿勢とかでは?」と言われた。確かに私は寝る時は右側を下にする事が多い。納得。胃の噴門とってるから、逆流してるのかもしれない。


と言う事で、なんか微妙だな…(^^;;;
2年前のパターンと似てる気もする。あの時は病理の結果は"肺炎後の石灰化"と"原因不明出血"だった。再再発なら3ヶ月前の部分は大きくなるか数が増えてるってパターンだろうから、違うのかもしれない。今回新たに増えた部分は肺炎の可能性が相当高そうっぽいし。

まー、3ヵ月後の検査結果待ちってな所かな。


2001/4/13からもうすぐ5年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.26

060126 内科

久々の更新(^^;)、と言うか、今年初めての更新かぁ(^^;)。もう一ヶ月以上放置してしまっていた(^^;;;)

前回更新からまた例によってゲームにハマっていて、全然更新できてません(^^;)。まあ、便りが無いのは良い便りという事で、ご勘弁を…


内科の通院日。

今年初めて病院に行ったら、病院内のシステムが色々と変わっていた。
受付やら診察待ち、予約、精算などの方法が全部変わっていて、病院内で迷っている人多数(^^;)。
一応説明の人が多数配置されていたり、説明のパンフレットも置いてあったりするのだが、特にご高齢の方はかなり混乱している方が多かった様な気がする。

診察内容は特に変化無し。前回と似た様なもの。

次回は2ヵ月サイクルなので3月なのだが、3月は外科のCT検査と診察が入っているので4月にシフト。4/13となる。今の私にとってはCTの方が心配なので、正直な所、内科の方は二の次だったりするし(^^;;;)


ついでなので近況。

虫歯治療の為昨年末から歯科に通院中。そろそろ終了のはず。
高性能ノートPCが欲しくなってきており、ちょっと物色中。今の所はEpsonDirectのEndeavor NT9500Proが気になっている。デスクトップの方が安いし高性能なのだが、いつ入院する事になるか分らないからノートの方が良い。今使っているNT2600でも性能的には問題ないのだが、キーボード壊れたままなので入院となると外付けキーボードも持っていかなければならず、ちょっと面倒というのもある。まあ、他メーカーの春モデルも色々出てきているので、もう少し情報収集の予定。

横浜駅西口ヨドバシの家電館のあとには、ドンキーコングが入った。今日ちょっと前を通りかかったのだが、あの圧縮展示は私には馴染まなく、入る気にはなれなかった。

相鉄ムービル内の映画館がなくなるらしいという情報もあり、横浜駅西口は色々と変わって行くなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧