2005.04.05

kissDN触ってみた

デジカメねた

先日ヨドバシで、EOS kiss Digital N (以下、kissDNと略)の店頭展示機を少し触ってみた。

私は先代の EOS kiss Digital (kissD)を使っていて、一部の不満点はあるものの、それ以外は満足して愛用している。
で、やはり新型は気になるのでちょっと触ってみた。

握った感じは初代より更に少し小さくなった感じ。手の大きな人ならオプションのバッテリーグリップつけた方が安定するかもしれない。でも私にとってはこの小型感は嬉しい。
動作はより機敏になった感じがする。レリーズ音も初代より機敏な感じ。

それと、私の場合の初代の大きな不満点の一つであるフォーカスモードが改善されている(^^) これはかなり魅力的(^^;;;)


どうしよう…かなり欲しいぞ…(^^;;;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.05

携帯電話ウイルス日本上陸?

携帯電話に感染するウイルスが日本国内でも検出されたらしい。


ImpressのケータイWatchの記事「携帯電話ウイルス「Cabir」の日本での感染を確認~F-Secure報告」より。

 フィンランドのF-Secureは3日、携帯電話に感染するウイルス「Cabir」の感染が日本国内でも確認されたと公表した。

 F-Secureによると、ある日本人が香港に旅行した際に所持していた携帯電話「Vodafone 702NK」がCabirに感染した。この人物は、東京に帰ってから携帯電話を充電しても30分しかバッテリーが持たないことから感染に気が付いたという。


誰だよ、こんなプログラム作った奴は。
コンピュータウイルスだけでも相当鬱陶しいのに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.22

PhotoShopCS買ってしまった

少し前に書いておいた記事なのだが、公開し忘れてた奴(^^;)。
せっかく書いたのに勿体無いので、乗っけときます(^^;)。

--
ついにphotoshop買ってしまった・・・(^^;)。


10年近く前からデジカメ遊びをしていた。
一番最初に買ったのはcanonのPCMCIAのしょぼいやつ。衝動買い。その頃はまだ写真なんかに興味は全く無く、むしろnotePCの面白周辺機器として興味があったから。

で、早速使ってみると結構面白い事に気がついた。ただ、画質が悪い。

それじゃ~という事で次に買ったのはkodakのDC-40という奴。
これは画質的には(当時としては)満足だった。かなり使った。

その次、casioのqv-10aという奴を買った。小型で液晶モニタが付いてる。この液晶モニタが良かった。それまでのcanonやkodakの奴はpc使わないと画像が見れない。でもqv-10aだと単体で画像が見れる。画素数は30万画素だったが、ものすごく良く使った。

さらにその次に買ったのがリコーのdc-2L。2焦点切り替え式で画素数が40万位だったんだっけな。これも愛用していた。特に液晶モニタの角度が変えられて、レンズ回転式的に使えるのが良かった。マクロも強かったし。

ただ、画質的にちょっと的な部分があった(今考えると、多分高感度モードになってた事が多かったかも。あとホワイトバランスが高めの設定だったかも)。

で、その不満を解消する為に、画像処理を勉強した(やっと本題に繋がった(^^;))。

当時、画像処理と言えばphotoshop。でも高い(10万位だったっけな)。
で、freesoft駆使しつつ、その範囲でイマイチな部分をMicrografxのPicturePublisherという3万位のソフトで処理していた。
チャネル分解してBチャネルにノイズ除去かけて再合成とか、チャネルごとにパラメータ変えてアンシャープマスクかけたり、CMYKモードで色々いじって見たり。

そんな事やってる内に、デジカメ側での絵作りがかなり良くなってきて、いつの間にかレタッチなんかしなくなった。

な~んて事が、つい最近まで続いた。


が、canonのkissD買ってから再燃してしまった。

kissDの画像って、パッと見ではコンパクトデジカメにインパクトで負ける。
でも潜在能力は高い。だからレタッチをちょっと加えるだけで凄く良くなる。

そうなると、快適なtoolが欲しくなる。
kissDにはphotoshop elementsという初心者用のレタッチソフトが添付されている。基本的にはこれで十二分の結果が出せる。シャドウを少しいじって彩度少しあげてシャープネスをやや強めにする。これで十分見れる。

が、私はこれで満足できないらしい(^^;)。

photoshopCSの体験版という奴があるとの情報を入手した。早速使ってみた。RAWデータの処理が快適。kissDに添付されているsoftより桁違いに快適。

ここで悩み始めてしまった。
そもそもRAWで撮るなんて使い方してない。全部jpg。そしてその範囲ではPhotoshopElementsで十分に足りてる。
でもな~、今月中なら5万でupgrade出来るんだよな。photoshopに。
この辺から混乱し始める。

体験版の操作性は問題なし。これで更に混乱する。


結果、衝動Online買いしてしまいました(^^;;;)。
ものの見事にadobeの販売戦略に引っかかってしまった私(^^;;;)。
でも、自分で稼いだ金だから、良いよね(^^;)

ps.
じゃあ、その画像を見せてみろという意見があるとは思いますが、残念ながら却下させていただきます。理由は、肖像権の問題があるので。
私が撮影する画像の大部分は人物(素人さん)でして、公開に関する許諾を得ていないのが殆どですから(もちろん、撮影了承は得た上での撮影ですが)。
--

と言う所まで発注日に書いたら、その翌日(2/17)には届いた(^^;)。速過ぎるぞ>adobe(^^;;;)。でも嬉しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2003.12.20

EOS kiss Digitalがお気に入り

レンズ交換型の一眼デジカメの canon EOS kiss Digital という奴が今のお気に入り。
もともと銀塩のEOSを使っていて、レンズも数本持っていた。そのせいもあるんだろう。

レンズを色々と交換できるのが面白い。
更にその結果をその場で即確認できる。
撮影テクニックを色々試しても、結果をその場で確認できる。

面白すぎる。

F1.4クラスの明るいレンズでポケを楽しんだり、
300mmF5.6の普及型ズームが、1.6倍なので480mmF5.6相当になったりとか。
イメージサークルも中央部を使うので、135使っていた時とでは、レンズの印象が違う感じがする。

カメラ雑誌なんかではkissDは酷評されてるケースを良く見かける。
たしかに撮影に積極的に介入する使い方だと使いにくい面がある。
でも、私程度の技量だと、kissD任せにした方が成功ショットが多い感じがする。
オートモードの癖をつかむまでは失敗が多いけど、
癖をつかんでこう来るだろうと思いながら撮り続けると、結果的に速く撮れる感じがする。

まあ、私は単なる素人の趣味人なので、プロの現場では当てはまらないんだろうけど。


でも、趣味なんだからこれで良いじゃん(^^;)。
文句のある人は、その道を突き進んで頂ければ良いだけなんだし。


ちょっと気になる記事にもトラックバック!!!(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2003.12.06

CANON PIXUS 50iとリナザウ

blogの感想ばっかり書くのもなんなので、ちょっと情報関係なども。
以下、HomePageのmemoから抜粋。
CANONのPIXUS 50iという携帯可能な小型プリンタに、SHARPのLinuxザウルス SL-C760から、
赤外線通信でデジカメ画像を印刷してみたという事。
デジカメはCASIOのEXILIM EX-Z3。そのメモリーカードをリナザウに刺して使った。

ここから引用開始。
--
ついでに、もしかしたら上手く行ったら結構面白いかもと考えていた事を試してみる。 ザウルスから赤外線通信で出力できるかという事。 50iはファームのバージョンアップで携帯から赤外線通信で画像を印刷できる機能が付加される。 vgaザウルスは504以降の携帯と赤外線通信できるらしい???。 となると、ザウルス側の画像データを50iに赤外線で出力できる可能性があるかも と思っていた事。
早速試してみる。netで最新ファームを down load して設定。 早速試してみる。vgaザウルス側のbmp画像を指定してみると、失敗(^^;)。 ファイルの内容が文字データとしてだらだらと出力されてしまった(^^;)。bmpは駄目っぽい。 続いてex-z3のカードを差し込んでリトライ。 結果は、、、ちゃんと出力されたぁ~(^^)v。スゲー(^^)。 という事は、50iにバッテリー装着し、vgaザウルスも持って行けば、 デジカメの撮影結果をその場で印刷できるという事が実現できる。 おぉぉ~、これは中々面白いかもしれない。 最大でA4まで出せるし。 う~ん、、、これはやっぱし、バッテリー買ったほうが良いかも???。 でも、、、クレドールセットだから2万弱なんだよなぁ(^^;)。
明日は胸部CT。早起きしなきゃ。
--
引用ここまで。

なお、上記記事中の「A4での出力も可能」とは、PCからの出力時の話です。
赤外線通信時は、L版かカードサイズでの出力のみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.05

デジカメとプリンタ

canonのレンズ交換型一眼デジカメの EOS Kiss Digital を購入して以来、色々と買いまくっている。
交換レンズが多いかな。

で、結果出力用のプリンタも色々と強化中。
今まではepsonのpm-900cという奴を使っていた。
画質的には良いのだが、パソコン起動して画像処理ソフト起動してってのが面倒。
まぁ、そのぶん、画質やら色合いを細かく調整できるのだけど。

で、先日 canon PIXUS 50i という奴を購入。
A4を一回り大きくした程度のサイズで、A4まで印刷可能。
カラー印刷は3色で他にブラックインクも使う。
オプションでバッテリーが準備されている。
赤外線受信ユニットが内蔵されていて、ファームのV.UPでカメラつき携帯から赤外線で印刷できる。
印刷品質は、3色の割には結構良い。中々使える。

で、更に今は、自宅での印刷環境をさらに快適にしようと思い、情報収集中。
今の所は、epsonのd750,a850,canonの900pdが候補として残っている。
どうしようかなぁ。
今の所、epsonが優勢。canonは対色性がイマイチっぽく、店頭の販売員の人に聞いてみても口を濁される。
良い人だ。
でも、epsonは今でも900cつかってるからなぁ~。
サンプル見ても、買い換える程劇的な変化はなさそうだし。
保存性は大幅にUPしてるっぽいけど、私の用途では関係ないし。

ってな感じで、ひそかにプリンタには注目中。
多分買うとしたら、年明けの年賀状シーズン終了後を狙うけど。。。(^^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)